【艦これSS】ぎんえいごっこ

雷「ファイアー」
電「ファイアー」
響「ファイアー」
暁「ファイエル」



なにやら、第六駆逐隊たちが遊んでいるみたいだな。
「金剛の真似か、楽しそうだな」


そういうと暁は小馬鹿にしたような感じで否定する。
「提督さんは何を聞いていたのかしら。私はファイエルといっていたのよ。
 ぎんえいごっこに決まっているじゃない。」

「ごっこ遊びなんて一人前にレディーにはふさわしくないけど仕方なく付き合ってあげているの」
なんて、言ってくる。
鳳翔さん、自分、泣いてもいいですか?


しかし、ぎんえいごっこか……

「じゃあ、これから私がとあるぎんえいシーンをやってみるけど、わかるかな?」
なんていうと、第六駆逐隊はノリノリで参加してきた。微笑ましいな。

「……じゃあ、いくぞ。」

といいつつ、おもむろに腿を抑えててそしておもむろに壁をせにして、ずずっとそのまま地に着く。

そして、ちょっと台詞を変えて
「暁、響、雷、電、みんな、ごめん……」

そして、そっと目を瞑る……




さて、みんなの反応が楽しみだ。
電あたりは、はわわ~とか、いっているかな。

とか思っていると、突然、誰かが駆け寄ってくる足音が聞こえる。

ダダダッ!
「司令官、助けに来たよ。」

この声は、響か?
しかし、響なら話を覚えてないとは思えないし、タイミングが早すぎたのだろうか?
確認のため、そっと目を開けると、やはり響が助けに来たようだ。



「そういう展開ではなかったんだけどな。」
と、頭をかいているとおもむろに響が私に抱きついてくる。

とても、いつも冷静な響とは思えない。
どうしたのかな?、原作が好きすぎて、このシーンを見たくなかったのか
それとも、ユリアンが駆けつけるシーンを予定より早くやってしまったのだろうか。


どうしたのだろうかと、様子をみてみると、響が耳元で絞りだすような声でつぶやく。
「たとえ嘘でも司令官が逝ってしまうなんて嫌だ。」



やれやれ。どうにもやり過ぎたようだ。
まったく、響を始めとして、どうにも配慮にかけたことをしてしまったものだ。



「……そうか、響、ありがとう。助かったよ。響がいてくれたら私は安心だ。」

なでなで。

「うん。」
そういって響は私に必死にしがみついている。
まったく、さすがに悪乗りしすぎたな。


しかし、いつもは冷静な響を取り乱すこともあるものなんだな。
不謹慎だが、こういう響も歳相応で可愛いものだ。


なんて、響の相手をしながら、雷と電をみてみると、ふたりとも涙目になっているし
この二人に涙目になられると余計に心がいたいな。

「雷と電も悪かったな。お詫びになにか1つお願いごとを聞くよ。」
間宮のアイスか、甘味処あたりかな。
少々財布に厳しいが、さすがにそのくらいの出費は我慢しないといけないな。

それと、暁。
あいつも必死に我慢しているけど、思いっきり涙目だし、からかうにしても限度を越えてしまっていたな。
私もまだまだ大人に慣れていないということか。


響はしがみついたままだし、この子くらいなら簡単に抱きかかえられるし、大丈夫か。


「よいしょっと」
我ながらおっさんくさいかな。


響を抱きかかえたまま、残りの3人の頭を撫でてあげる。
雷と電は素直に喜んでいるが、暁だけは、いつものように、素直じゃない。


「ほら、みんな間宮さんのところで甘いものでも食べようか。」
そういって、先に歩き始めたが、なぜか3人がこちらを凝視したままで動かない。

どうしたのだろうか。
もしかして、間宮だと、気に入らなかったのだろうか?


3人の視線をみると、どうも響がきになるようだ。
やれやれ、抱っこを羨ましがるとは、まだまだ3人も子供だな。


「ほら、あとで抱っこくらい、いくらでもしてあげるからね」
やれやれ……と頭を加工にも両腕で響を抱きかかえているから、それもできない。


そして、その様子を見ていたもの。その名は、青葉。
スクープ写真として、世に言うお姫様だっこといわれる抱きかかえている提督と響の写真を撮影。

この記事により提督LOVE勢による、ぎんえいごっこで、提督とイチャイチャできるという誤解が広まり
鎮守府内に怒涛のぎんえいごっこブームが到来しとかしないとか。


コメントを残す