SS「ロウきゅーぶ」紗季さんが昴さんの趣味を確認することになりました その1

ちょっとした好奇心のつもりで買ってしまったとある本。

そして、深まる疑惑。

もしかしたら、昴さんは男の人に興味があるのではないか。
いえ、そんなことはないと思いながらも、払しょくできない疑念。

昴さんはとても優しい方なのだけれど、この本にあるような感じで攻められそうな方でもある。
いえ、昴さんは受けではなく、実は攻めなのかもしれない。

そんな考えばかりが頭を支配する。


もし、昴さんがそういう趣味だとしたらトモがかわいそう。


これはトモのために確認の必要そうね。


目的は、昴さんにそういう趣味がないことの確認。
方法としては、男の方がそれとなく昴さんに仲良くしてもらいながら様子見がいいかしら。
でも、そのような方は私の知り合いにはいないので、どうするべきか。

そもそも、もし、万が一。

万が一です。

昴さんがそういう趣味だった場合、その方とそういう関係になってしまうことになります。
それは断固阻止しなければなりません。



そう考えると、残る方法は私が男装して昴さんにそれとなく確認するしかないですね。
そうです、これは考え抜いた結果、仕方ないのです。

髪をなんとか隠さないといけないので、大変ですがこれも昴さんと一緒にいるため
ではなくて、昴さんの趣味を確認するためなのでがんばります。


まずは、昴さんの帰宅中にそれとなく男装した状態で遭遇することから始めましょう。


続く


※このような展開で始めようと思っています。
 実際、紗季さんの髪の量から考えると隠すのは不可能なんでしょうが、そのあたりはいいごまかし方が思いつきませんでした。





ロウきゅーぶに関する投稿SS

コメントを残す