カレンダー

2017年10月
« 2月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

SS「VOCALOID」七夕の願い事【マスタ(女)&KAITO】

——————————————————-
女性マスターとKAITOの話です。
——————————————————-

「KAITO、願い事は書けたの?」そういいながら、どんな願い事を書いたのか
みようと覗き込むがブロックされて見られない。

よほど恥ずかしい願い事を書いているのかな。
何が何でも見たくなる。

そんな風に願い事を見るためにいろいろとやってたら、ふいにKAITOが
私が短冊に何を書いたか聞いてきた。

私の願い事はとても普通。
”KAITOが歌う曲が作れますように”

KAITOのマスターになって結構経つけど未だに曲ができず
そのためKAITOに歌わせてあげることができない。

正月の願い事もこれだったし、もはや定番の願い事になっている。
「いつもの願い事よ」というだけで、KAITOもわかったみたい。

曲が出来たらきっとKAITOは喜ぶだろうな。

KAITOが歌うために作られた存在だということも分かっている。
私が歌わせるために存在するのも分かっている。

でも、それだけの関係でいたくないという気持ちがずっとある。

曲を作りたくないなんて、いったらKAITOはどう思うかな。

怒るだろうか
悲しむだろうか
呆れるだろうか

どちらにしても、私の気持ちは伝えられない。
今の状況を維持するだけ。


そんなことを思っていると、願い事を書き終えたKAITOが短冊を吊るすために
立ち上がっていた。

しかも、私が内容を見られないように私の手が届かないような高い場所に
短冊を吊るしている。

どうせ
 アイスがお腹いっぱい食べたい
 歌が歌いたい
とか、だろうし、必死に隠さなくてもいいのに。

KAITOは変わらない。
KAITOは何時もどおり私に笑っていてくれる。

でも、私は日を追うごとに笑えなくなっている。
いつまで続けられるだろうか。

顔にでていたのだろうか、心配そうに私の顔をみている。
慌てて”何でもない”とうそぶく。


KAITOは何を思ったのか、いきなり私を抱きかかえて短冊のほうに移動する。
「僕の願い事、マスターは叶えてくれますか?」

目の前には、KAITOが先ほど吊るした短冊があった。

































”歌わない僕でもずっとマスターの傍に居られますように”

SS「VOCALOID」めーこといっしょ 導入部だけ書いてみた

とある喫茶店。

使われていないピアノを見ながらマスターは呟く。

そういえば開店当時はお客さんに演奏を聴かせてたけど
いつしか演奏することもなくなったな。

けど、歌うアンドロイドがあるらしいし、これを買ってまた演奏してみるかな。

マスターが持つ本には、歌うアンドロイドとしての特集記事が載っていた。
しかし、そこにはいろいろなアンドロイドが載っていてどれにしようか悩んでいた。

しっとりと歌ってほしいので、そうすると、子供っぽいのはだめだな。
ミク、リンというやつは、却下。
男もなしだな。KAITO、レンも却下。

残ったのは、MEIKOとルカか。

さて、どっちがいいのだろうか。

ルカを見ていると、なんだか怒られそうな気がする・・・

これは、MEIKOかな

大人な感じで、元気もよさそうだし、この子がいてくれれば活気が
でてくるかもしれない。






ままろ~やるに感謝しながら、購入ボタンをクリック。















そして、MEIKOが納入される当日。

いまかいまかと待ちわびる。

ぴんぽーん。

と、ついに、宅配業者からMEIKOさんが届く。


・・・


・・



あれ、なんか箱が小さい?


てっきり寝た状態でくると思ったんだけど違うのかなー

と思いながらも箱を開けてみる。

そこには身長120cmくらいの少女が寝ていた。

商品名にはVOCALOID MEIKOと書いてある。

間違いはないようだ。


「まきますか まきませんか」

いやいや、


とりあえず起動。

ゆっくりと目を開けるMEIKO?さん


早速、君がMEIKOか質問してみる。
君がMEIKOなの?カタログとぜんぜん違うんだけど。

MEIKOは「カタログと実際の製品で若干異なるのはよくあること」

いや、違いすぎるだろう。こんなのありなのか!?
大人な女性アンドロイドが来ると思っていたこの気持ちはどうすればいいんだ。

MEIKOはこちらを向いて聞いてくる。

「問おう、貴方がマスターか?」

何から突っ込めばいいんだろうか。

SS「VOCALOID」巡音ルカがやってきた

「はじめましてルカさん、これからよろしく」
そういって握手しようと手を差し出す。

にっこりと微笑みながら「こちらこそ、よろしくお願いします」と会釈された。

そして、部屋の奥に行ってしまった。

あれ、なんかスルー気味?
行くあてが無くなった手をぶらぶらとさせながら、ルカの後を追う。

と思ったら

ごすっ

え?

ルカが振り向きざまにローキックしていた。

思わずその場にうずくまる。

「後ろに立たないでください、気持ち悪い」とルカが呟く。

あれ?なにこの状況?

そう思い、ルカのほうをみてみると

「ごめんなさい、後ろに立たれたからつい反応しちゃいまいた。」
と笑顔で謝っている。

どこのゴルゴさんですか。
という思いよりもさっき、気持ち悪いいったよね。

気のせいじゃないよね!?

ともかくあまり無闇に近づかないほうがよさそうだ。


そして、居間でみんなにルカのことを紹介する。

みんなあっというまに打ち解けたようでわいわいと話している。


そして、ミクがルカの背後に回って髪の毛を触り始めた。

まずい、ルカに攻撃される!!。

と思ったが、何も無く談笑。

はて?

リン達がまわりで騒いでも普通にしている。

気のせい?

ためしに、後ろからルカに声をかけてみる。

「なぁ、ル・・・」ごふっ
ルカさん、肘が見事にみぞおちに決まってます・・・

そしてルカは何食わぬ顔して、「あら、どうかしましたか?」と
笑顔で振り向く。


「もしかして、わざと?」そうルカに聞いてみる。
そして予測どおり、何を言ってるのかわかりませんという表情。

「俺、お前のマスターなんだけど」間抜けな発言だと自分でも思う。

「はい、そうですね。それがなにか?」といい、こちらをじっと見ている。

笑顔なのになぜか怖い。

「頼りないマスターだけどよろしく」と日和発言。

「頼りなくなんてないですよ」と笑顔で答えてくれるが
そのあとに呟いた「気持ち悪い」がかすかにきこえた。

また気持ち悪い言われた。

どうやらマスターにはなったがまったく認められてないっぽい。
むしろ嫌われてる?

そもそも性格ゆがんでない?

などとあれこれ思っていたら、

急に身を乗り出して、満面の笑顔で「よろしくね」ときたもんだ。

性格がアレな奴なのに思わず見とれてしまった。

そして、ルカはミク達のところへ戻っていったのだが戻る際に俺の足を踏みつけていった。

なぜ、俺はこんなに嫌われているのだろうか。


巡音ルカ。俺に扱いきれるのだろうか。

SS「VOCALOID」メリークリスマス

今日は12/25。世間はクリスマス。

俺はボーカロイドをみていた。

ずっと前から売れ残っているボーカロイド。
他のボーカロイドは売れていったけど、このボーカロイドだけは残っている。

電源の入ってないこの娘は、何をみているのだろうか。

鏡音リン・・・

ここに残っているのは前のバージョン(Act1)で、扱いずらいためか
買うものも少なく、次のバージョンがでたためにさらに売れなくなり
店の隅にひっそりと並べられている。

店主にいって、起動してもらう。

リンの瞳に光が宿る。しかし、その表情は暗い。

幾人がこうやって起動したあと、リンの歌を聴いて扱えないと
判断して去っていたのか。

「ふぅ・・・」軽くため息をついたあと

歌を歌った。

リンがこちらを不思議そうに見ている。

歌い終えたあと、リンに感想を聞いてみる。
けれど、リンは返答に困ったように黙っている。

当然だ。

俺は、かなりの音痴でとても聴いていられないほどだ。

「俺はこのとおり音痴だ。音楽センスもない。
 だからお前をうまく歌わせることなんてできない」
リンにそういうとますますリンの表情が暗くなる。


リンは、俯いて呟く。
「私はちゃんと歌がうたえないし、旧式だし、、、、
 みんな私の歌を聴いて去っていく。」

「確かにそうだうな」とつぶやくと、ビクッとリンが体を震わせた。


「だけど、俺はお前が一生懸命に歌っているのを知ってる。
 それにお前の声が好きなんだ。」

お前と一緒にへたでもいいから楽しく歌いたいんだ。


リンは俺をじっとみて、「本当にいいの?」と聞いてくる。


「もう一度言う。俺はお前をうまく歌わせてあげることはできない。
 そんな俺でもマスターと呼んでくれるか?」

リンは小さく「マスター」と答える。

「ありがとう、リン
 そして、これからよろしくな」
そういって、リンの頭を撫でる。

「はい、よろしくお願いします」と、笑顔でリンは答えてくれた。


「それと・・・
 今までお前を迎えにくる勇気がでなくてごめんな」

メリークリスマス。
聖なる夜に素敵な出会いがありますように。

SS「VOCALOID」最近寒いね

もぞもぞ。。。

気持ちよく寝ていたが布団に入ってくる音が目が覚めた。

これが一般家庭なら猫が入ってきたのかと思うところだが
あいにくとうちは違う。

布団をめくると、「えへへ~」と無邪気な笑顔のリンがいる。

連日「最近は夜寒いから」とか言って布団に入ってくるのだ。

「はぁ・・・」とため息がでる。
なぜなら、こうやってリンが来るとしばらくしたらミクが怒って入ってくるからだ。

そう思いながらドアのほうをぼんやりと眺めていたが、いつまでたってもミクは来ない。

不思議に思っていると、リンがミクはリビングで寝ていると教えてくれた。
どうもリンが忍び込まないように監視していたミクだったが先にダウンしたようだ。

ミクが起きたら大変なことになりそうだな。と思いながらも今更気にしてもしかたないので
そのまま寝ることにした。

ただし、

布団に潜り込んでいるリンに出てもらう。
お腹の辺りにもぐられていると寝にくくてかなわない。

「ほら、文句言わないででてくる」とリンに言っても寒いから嫌だとかいって出てこない。

仕方が無いので

「腕枕してやるからでてこい」と囁いてみた。

すると

「じゃあ、仕方ないから出てあげる」とか言いながらでてくる。
普段甘えてくる癖にこういうところは素直じゃない。

「リンは湯たんぽみたいに暖かいな」というと、
「じゃあ、冬の間は毎日こうしてあげる」といってくれが
それだとミクの機嫌がとんでもないことになるのでやんわりと拒否しておいた。

「じゃあ、リンおやすみ」とリンのほうをみると

リンの後ろにMEIKOがいた。

なぜ?どうして?

まて、いつのまに!?

「ふふ」と秘めた笑みを浮かびながら俺をまたぎ

そして、そのまま俺の左腕を枕にして寝始めた。

右腕にはリン、左腕にはMEIKO。

まて・・・

なんだ、これは

分かっていることはひとつ。

こんな状況をミクに見られたら、俺は殺される。