MMDでKinectを使う際にお勧めのソフトウェア

MikuMikuDanceがKinectに対応しましたが、MoggDxOpenNIというツールを利用することで
より細かいモーションキャプチャができるようになっています。

ツールは以下のサイトで公開されています。
moggproject
https://sites.google.com/site/moggproject/

ツールの概要
・DxOpenNI の改造DLL
・首および手首が連動するようになります(標準DLLでは連動しません)

使ったみた感想ですがKinect事態の性能の問題もあり、うまく手首が連動しない場合もありますが
総じて、使ったほうが自然のモーションになっていいと思いました。

同じポーズでうまく画像が取れなかったのでわかりにくいかもしれませんが、こういう感じになりました。

ツール導入前


ツール導入後

首、手首、導入前に比べて曲がっているのがわかるかと思います。
導入前だと、まっすぐな状態になっています。

ツールを導入すると、動きの少ない状態(静止状態など)でもモデルがぷるぷると動きます。
これは、モーションキャプチャ後に作成されたVmdファイルを間引きしてくれるツールで整形すると
解消されます。
(完全に治るかまではわかりませんが、簡単な動きでテストしてみたときは大丈夫でした)



あとは、春に公開されるKinectのSDKをひぐちさんがどのように取り込むか楽しみですね。